個人投資家の鏡!資産10億円を築いたロナルド・リードさん

マネー論

2014年6月、アメリカのバーモンド州でとある1人の男性が生涯を終えました。92歳でした。その男性の名前はロナルド・リードさん。第二次大戦から帰国した後は25年間ガソリンスタンドで働き、退職後も地元のデパートなどで働いていました。

 

いわゆるブルーカラーの労働者階級で、決して裕福な暮らしをしていたわけではありませんでした。彼はケチなことで有名で、着る服などにもお金をかけなかったので、たまにホームレスに間違えられたようです。

 

しかし、そんな彼は死後全米を驚かせることになります。彼の遺産が800万ドル、日本円にして10億円近くもあったのです。

 

彼の職歴や身なりを見ても、10億円の遺産は似つかわしくありません。サラリーマンの生涯年収は3億円とも言われていますから、ガソリンスタンドの店員だった彼が普通に生きていたらそんな莫大な遺産を残せるとは考えられません。

 

そんな彼の趣味は株式投資でした。倹約に努めて捻出したお金で株を買い続けました。株を始めたのは37歳のころで、ウェルズ・ファーゴ【WFG】、プロクター・アンド・ギャンブル【PG】、コルゲート・パルモリーブ【CL】、アメリカン・エクスプレス【AXP】、JMスマッカー【SJM】、ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】などの株を持っていました。

 

そんな彼の投資戦略は、生活の身近な会社の株を買い、配当を再投資し、買った株は決して売らないというものでした。典型的な「バイアンドホールド」と「配当再投資戦略」を用いた投資スタイルです。

 

亡くなった時には全部で90銘柄を超える株を持っており、どれもアメリカを代表するような銘柄ばかりでした。

 

そうして築き上げた彼の資産が10億円だったのです。

 

遺産のほとんどは地元の病院や図書館に寄付されました。

 

ガソリンスタンドで25年働き続けた労働者階級であった彼でも10億近い富を築くことができたのは資本主義をうまく利用したからに他なりません。

 

資本主義の世の中では、資産家の方が労働者よりも裕福になるようにデザインされています。これはフランスの経済学者であるトマ・ピケティ氏が発表した有名な『21世紀の資本』という本の中で明らかにされています。

 

この『21世紀の資本』はピケティ氏の代表的な著作で、英語に翻訳されたのち、アメリカで発売半年で50万部を売り上げるなど、世界累計100万部を突破したベストセラーです。

 

その内容は、資本収益率(r)は経済成長率(g)よりも大きいため、格差が拡大し続けるというものです。ざっくりと言えば、資本収益率とは、株式や不動産、債券などの資本が生むお金の利回りと考えるといいでしょう。株なら年間の配当、不動産なら家賃収入などですね。一方の経済成長率とは労働者の賃金の伸びと考えられます。

 

資本収益率(r)は平均して4~5%の利回りが期待できる一方、経済成長率(g)は平均して1~2%の伸びでしかないため、資本を持つ資本家と、労働者の格差は拡大し続けるというものです。

 

資本を持つ者はますます豊かになり、労働者は一生かけて働き続けてもわずかな収入しか得ることができません。

 

しかし、現在ではネットを通じて誰でも簡単に株式を持つことができます。マンションや土地を直接買うことは難しくても、REITという商品を通じて不動産を持つことだってできます。

 

21世紀、現在は誰でも資本家になることができるのです。

 

そしてロナルド・リード氏はまさに労働者でありながら、株式を購入したことで資本家にもなりました。そして資本家として10億円という身の丈に合わないような莫大な遺産を残すことができたのです。

 

労働者として勤勉に働き続けるだけで経済的な自由を手に入れることは、特別な才能がない限り難しいです。資本の力を利用して、その資本を複利の魔法を使って育てていくことでロナルド・リード氏のように経済的な成功を収めることができるのです。

コメント