ロックイン効果で消費者を囲い込むGAFA

【銘柄分析】アップル

ロックイン効果というのは、他のサービスに切り替えることでペナルティやコストがかかることで、サービスや商品を継続的に利用してもらう仕組みのことです。

 

例えばエクセルを使いこなせる人は、エクセルより少し優れた表計算ソフトが登場しても、なるべくエクセルを使い続けたいと思います。エクセル以外のソフトに切り替えたら、また一からソフトの使い方を覚え直さなければなりません。

 

またロックイン効果で有名なのはレゴブロックのレゴです。

 

レゴ社はあのレゴブロックの形状で特許をとっており、他の企業はレゴブロックを作ることができません。レゴと組み合わせられるのはレゴ社が販売するレゴだけです。よってレゴで遊びたい消費者はレゴ社以外からブロックを買って遊ぶことはできないので、結果的にレゴ社のブロックが売れ続けるわけです。

 

これがロックイン効果です。

 

ロックインを上手く使うことで自社のビジネスモデルを強固にすることができます。アメリカを代表する企業はロックイン効果を上手に使って自社の利益をがっちり守っています。

 

例えば、アップルのiPhoneおよびiOS製品群や、GAFAのプラットフォームビジネスはロックイン効果を発揮しているサービスです。

 

iPhoneとiOSのロックイン効果

iPhoneユーザーはスマホを乗り換える時に次のスマホもiPhoneにする傾向が強いです。それもそのはずで、iPhoneユーザーがアンドロイドに乗り換えたら今までの音楽やアプリのデータが消えちゃいます。今までiTunesやApp Storeで音楽やアプリに課金してきた人にとっては、今までの課金が無駄になってしまう可能生があるわけです。これは逆もまた然りでアンドロイドユーザーにとっても同じです。

 

また、アップル製品を複数所有しているユーザーにとってはこのロックイン効果はさらに強化されます。例えば、iPhoneとApple Watch、Macを同期させて使っている人にとっては、携帯だけアンドロイドに変えてしまうと、恐ろしく利便性が下がります。

 

21世紀型のプラットフォームビジネス

21世紀型のプラットフォームビジネスは利用者が増えれば増えるほど、使えば使うほどロックイン効果が高まります。

 

例えば、アップルのアプリダウンロードのApp Storeは強力なロックイン効果があります。

 

iPhoneユーザーが増えれば増えるほど、そして、ユーザーがアプリをダウンロードすればするほど、アプリ開発業者にとってはApp Storeの重要性が増してきます。そして今ではApp Storeの規約が少し変更されただけで、何十万の業者が影響を受けるほど強力なプラットフォームになりました。最近ではLINEのたまごっちのゲームアプリがアップルに止められました。アップルを介さない形で広告収入を得ようとしたことがアップルの逆鱗に触れてしまいました。こうしたApp Storeのパワーは、消費者がApp Storeを使えば使うほど強力になります。

 

またフェイスブックもロックイン効果が効いているビジネスモデルでしょう。利用者が増えれば増えるほど、また使えば使うほど、やめるのが難しくなります。特に最近ではビジネスのシーンでフェイスブックが必要な人も多いため、辞めたいと思っても、顧客や関係者に迷惑がかかるため自分の都合でフェイスブックを止めることはほぼ不可能です。

 

アマゾンも利用者が物を買えば買うほどプラットフォームとしてのアマゾンのパワーは高まります。もし消費者がアマゾンで買い物することをやめれば、アマゾンに出品したい業者も減りますし、アマゾンも在庫を抱えられきれなくなり、品揃えが悪くなるでしょう。アマゾンがこれだけ品揃えを整えられるのは世界中の消費者が毎日アマゾンで買い物するからです。

 

グーグルはどうでしょう。初期のグーグルはまともなサイトもなく、ろくな検索システムではありませんでした。しかし、次第に検索していろんなことを調べる人が増えるにつれて、利用者に役に立つサイトを作る人も増えて行きました。その結果、現在では無数のサイトがネット上に存在し、グーグルの検索システムがそれを最適な順番で表示してくれます。

 

今でも毎日世界中の利用者が検索することで、どんどん検索エンジンは進化しています。そして利用されればされるほど、グーグルの価値は高まります。

 

GAFAに代表されるプラットフォームビジネスも新しい形のロックイン効果を発揮したビジネスモデルと言えるでしょう。利用者が増えれば増えるほど、ロックイン効果が高まり、結果的に利用者も関連する企業もそのサービスから逃れられなくなります。

 

GAFAは今がピークという論調の報道もありますが、それなりに強力なビジネスを有していますので、そう簡単には崩れません。

  

アメリカ株についてもっと知りたい方はこちら

アメリカ株分析記事一覧へ

コメント