【SBUX】スタバ高級店ヒット間違いなし!高級路線で業績はさらなる飛躍へ

米国株銘柄分析

スターバックスが中目黒につくった、世界5カ所目の高級店「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」が2月28日オープンします。この新店舗は、これまでの店舗と全く異なる新しい「体験型」の店舗がコンセプトだそうです。2階はティーを楽しめる場所、3階はバー、4階はラウンジとなっており、さらに価格帯も従来型の店舗と比べて高めに設定されています。

 

メディアも殺到し、一般客の人気殺到も見越してか、オープンから数日は「入場規制」もかけられる予定です。

 

日本国内におけるブランド別シェアでは、スターバックスが35.9%で首位だ。2位にドトールコーヒー(20.8%)、3位にタリーズコーヒー(14.7%)が続く情勢で、スタバは日本でも確固たる地位を築いています。

 

ただコーヒーが飲みたいだけならいろんな選択肢がありますから、それこそ競争があります。単なるコーヒーなら価格競争があってしかるべきです。

 

しかし、スタバはコーヒーではなく、あの空間を売っています。そして、あのスタバの店内の空間はスタバでしか味わえません。(少なくとも自分はそう感じます。)

 

今回の高級化路線でさらに、スタバの「空間を売る」というサービスを加速します。少し高い値段とあの店内の雰囲気がラグジュアリーな、少しリッチな気分にさせてくれます。

 

スタバは世界的に高級化路線を加速することで、他のコーヒーチェーンと差別化を図ると同時に、客単価を引き上げることでさらに収益をアップを狙っています。今回の高級店は世界で5店目となり、スタバはこの高級店を増やしていく計画です。

 

業績も好調

売上も安定的な成長が見込まれ、年率7%前後の伸びが期待できます。EPSも右肩上がりで、2019年予想EPSは2.72ドルとなっており、予想PERは約25倍です。

 

売上・EPS共に安定的に右肩上がりで、消費者のハートをがっちり掴む「消費者独占銘柄」の要素を兼ね備えており、教科書的なバフェット銘柄だと思っています。ですが、いかんせんPER が高いです。PER25倍となると少し高いなーと言う印象です。もしPERが20倍をきる水準なら喜んで買いたい銘柄です。PERが15倍切るなら全力で買い向かって、ポートフォリオの主力にしたいくらい魅力的な企業です。

コメント