【銘柄分析】グーグル

【銘柄分析】アップル

ロックイン効果で消費者を囲い込むGAFA

ロックイン効果というのは、他のサービスに切り替えることでペナルティやコストがかかることで、サービスや商品を継続的に利用してもらう仕組みのことです。 例えばエクセルを使いこなせる人は、エクセルより少し優れた表計算ソフトが登場して...
【銘柄分析】アップル

マイクロソフトの失敗に学ぶGAFAの戦略

Google、Amazon、Facebook、Appleの4社の頭文字をとってGAFA。 最近、影響力の大きさからこの4社への注目度が高まっています。そんなGAFAは、90年代から2000年にかけてIT業界で覇権を握っていたマ...
【銘柄分析】グーグル

グーグルはロビー活動でアメリカ議会での影響力拡大か

グーグルのロビー活動が活発なようです。 グーグルが2018年に支出したロビー活動費は2100万ドルで、日本円で23億円ほどになります。これは全米企業のうちで最も多い額で、グーグルのアメリカ政界での影響力を高める...
【銘柄分析】アップル

インド市場での勝者はグーグル、敗者はアップル

インドは将来、最も有望な市場の1つです。 現在ではアメリカがGDP世界一ですが、2030年には中国がアメリカを抜き世界一になり、2050年にはインドがアメリカを抜き2位になると予想されています。つまり、2050...
【銘柄分析】グーグル

ウェイモの自動運転タクシーが始動!グーグルが仕掛けるゲームチェンジ

グーグル系自動運転開発会社、ウェイモが2018年12月に無人の自動運転車を使った無人タクシーの配車サービスを始める模様です。ウェイモのジョン・クラフチックCEOは「今後数カ月で始まるだろう。価格設定の研究もしている。」と述べ...